2017年08月20日

自分の車を高値で売却するた

「FinTechのGMS、ASEANで低所得者層の三輪タクシー就業サポートを加速化 - MOTOR CARS」 より引用

MOTOR CARSFinTechのGMS、ASEANで低所得者層の三輪タクシー就業サポートを加速化MOTOR CARSこれは、同市に於ける準公共交通機関である三輪タクシードライバーの就業希望者に、例え低所得者層であっても新型車両が入手可能となるFinTechサービスを提供することで、該当行政当局と同意したもの。 このパラニャーケ市を筆頭にフィリピン各地では、「トライシクル」と ...…(続きを読む)

引用元:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNFYK9-ijKC8nwE4ffiWaC6y_ZyUQw&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&ei=ZhqZWficE4jH8QWxupvQAg&url=http://motorcars.jp/fintechs-gms-and-asean-accelerate-employment-support-for-low-income-groups-three-wheeled-taxis20170624


自分の車を高値で売却するために車の買取店と評定額の交渉を自分でするときに大事だと思われることは、軽々しくこちらから願望する鑑定額を提示しないことです。
相場価格を事前に確認しているのならまだ良いんですが、確認してないのならば自分で相場よりも低めの価格を提示してしまうかもしれませんので、このケースの場合は勿体ないです。
査定金額の価格交渉を営業マンとおこなうつもりならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。
たとえば、夜に愛車の鑑定を受けると良いという説もあるのですが、それは違うと言えるでしょう。
夜間にお見積りを受けるのだとすればそれ相応に慎重な値踏みになるため、かえって昼間の審査よりも低プライスを出されてしまうことも有り得ます。
もしも夜に見積りを受けて有利な商談が進んだとします。
しかし、日中にキズや劣化が見つかってしまうと後から評価額がカットされてしまいます。
そのため、お昼に鑑定を受けるのがおススメです。
車の中でタバコを吸っていた点は、車を売る時に、見積もり価格の重要な決め手となります。
タバコ臭、煙やヤニなどはどうやって除去しても天井、シートに貼り付いて離れません。
喫煙しない人は最近増加していることで、禁煙者のクルマを購入しようとすることが多いので、喫煙の痕跡があると価値判断は下がるというのは致し方ありません。
車査定と下取り、いずれの方が良いかと思った時、下取りが勝っているんじゃないかと思われる方も少なくはないんでしょうね。
もちろん、下取の場合には次に欲しい車をマイカーの下取額で購入する金額から値引きをできる訳だし、買い取りの依頼も購入の手つづきもまとめて可能になるので楽ですよね。
しかしながら、只々売値だけを考えてみると、車を鑑定に出す方が高い金額をつけて頂けます。


posted by 吉明 at 14:13| 日記